エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンで元気はつらつ、女性ホルモンまるわかり完全ガイド!

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで、女性が生き生きと美しく居られるためにとても大切なホルモンです。女性ホルモンには、エストロゲンともうひとつ、プロゲステロンというホルモンがあります。このふたつを総称して女性ホルモンといいます。

働きとしては、卵巣や子宮などの副生殖器の発育を促し、同時に女性の身体的・精神的特徴に影響するという事が挙げられます。特にエストロゲンは第二次成長期の女性的なからだを作るホルモンで、プロゲステロンは妊娠準備の為のホルモンという違いはありますが、両方とも子宮に対して、そして卵巣機能などへの特有の作用があり、月経や妊娠の手助けをするのです。

エストロゲンは生殖機能の促進だけではなく、コレステロールの増加を抑制したり血管を健康に維持してくれたり、カルシウムの生成など骨の健康も保ったりと実に様々に健康を保ってくれる働きをしてくれています。更には自律神経や脳も活性化する働きもあると言われています。しかしこのエストロゲンも悲しいかな、卵巣機能の老衰により減少します。このサイトではそんな女性の最大の味方であるエストロゲンのついてしっかりと理解し、いつまでも健康でイキイキと居られるためのヒントや上手な摂取、そして付き合い方などを紹介します。

ネットで良く検索される人気「エストロゲン」関連検索ワード[PR]

エストロゲン

更年期 エストロゲン

エストロゲン 増やす

エストロゲン 効果

エストロゲン注射

エストロゲンの減少による更年期障害のホルモン療法のひとつとして、エストロゲン注射があります。エストロゲンホルモン注射とも言います。ダイレクトに投与するので、これによりつらい更年期障害の症状が緩和するという実例もあり、効果はあるようです。しかし、副作用も同時に問題視されていますから、慎重な姿勢が必要です。

エストロゲンは、エストロゲン依存性の乳ガンなど、その疑いのある患者さんには、腫瘍を悪化させることがあるので、投与してはいけないことになっています。 また血管内で血液が固まる血栓性の静脈炎や肺栓塞症、さらにその経験のある人も、血栓のできやすくなるため投与できません。子宮内膜症やその経験のある人も症状が悪くなる恐れがあるので、投与を控えなければなりません。

エストロゲンと骨粗鬆症

エストロゲンの減少による症状として代表的に挙げられるのが骨粗鬆症です。これは骨から主成分のカルシウムが溶け出してしまうために、その中にある

エストロゲンの数値について

エストロゲンの数値は測定することで卵巣機能のチェックができます。更に、エストロゲンはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3つに分けられ、このうち最も重要なのが

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0